最近、youtubeに動画をアップする機会が多くなったんだけど、ナレーションは苦手なので字幕で対応している。
手順としては、動画を編集して字幕を付けて(アップする時にサイズ制限があるの)で動画のサイズを小さくしてアップする。動画のサイズ変更は編集前でも良いと思うので、編集するPCのスペックに合わせると良いのではないだろうか。そうすると画像の質は若干落ちるが、PCの負荷が減ります。何れにしてもサイズは縮小するので画質云々言うのは意味がないですし、作業は格段としやすくなります。

編集はShotcutが使いやすいです。フィルターをセットすることで大体のことは出来ますね。

2020-05-27_11-18

字幕はAegisubで。

2020-05-27_11-15

字幕が出来たら、assかsrtファイルにして保存します。どうせ動画に埋め込んでしまうので、どちらのファイルでも構いません。埋め込まない場合(動画再生時に字幕として表示したい場合)は、srtの方が一般的なので扱いやすいと思います(動画ファイルと字幕ファイルのファイル名を同じにすることで、動画再生時に字幕が表示できます)。

字幕を保存したら、端末を開いて動画ファイルと字幕ファイルを指定して結合します。

srtファイルの場合
ffmpeg -i hogehoge.mp4 -vf subtitles=hogehoge.srt hogehogeout.mp4
assファイルの場合
ffmpeg -i hogehoge.mp4 -vf subtitles=hogehoge.ass hogehogeout.mp4

パッケージが完成したら動画のサイズを縮小します。
私の場合はAvidemuxを使っています。対応する画像フォーマットが多いので便利ですし、簡単な画像編集(切り貼り)もできるし、フィルターを噛ませば色々な画像表現も可能です。しかし、本格的に編集したい場合は少し使い難いと思いますが、動作は軽快で軽いので、非力なPCではそこそこ役に立つと思います。

ビデオアウトはMpeg4 AVC (x264)、フィルタを開いてswsResizeでサイズを指定します。%で設定できます。
サイズ設定が済んだらアウトフォーマットをMP4 Muxerで指定してフロッピーアイコンかFileメニューのSaveで保存すればOKです。

2020-05-27_11-36
2020-05-27_11-31

以上です。