VirtualboxのネットワークLibra Office で仕事

2014年09月22日

Nautilusの呪縛

ファイル操作をする時に、ファイルの移動だの比較だのがノーチラスでは少しやり難い。
分割表示したい時には、右クリックから新しいタブで開くを選択するとタブファイラーに変身するのだが、2画面ファイラーには出来ない。F3で2画面になるとか、拡張表示で選択するとかの記事もあったが、これは今は出来なさそう。メニューにもないしな・・・。仕方ないから別の2画面ファイラーを適当にソフトウェアセンターから選んでインストールした。
とりあえず、KrusaderとGONOMEcommander。他にも幾つかあったが、よく分からないのでこの2つで操作感をテストする。

Kurusaderが細かく設定を出来そうなので採用することにした。
デフォルトのファイラーにしてフォルダを開く時に起動するようにしよう・・・???。
どうすれば良い?フォルダを開く時のファイラーを設定するメニューらしきものがない。
別のファイラーでの設定方法をwebでハケーン!

Ubuntuのデフォルトのファイルマネージャを変更する簡単な方法
デフォルトのファイルマネージャを Nautilus からLinux Mintで使われている Nemo に変更します。

●Nemoをインストールします。
$ sudo apt-get install nemo
●/usr/binより優先度の高いPATHにnautilusという名前でnemoへのリンクを作成します。
$ ln -s /usr/bin/nemo $HOME/bin/nautilus
●再起動。

Nautilusに戻したい時は、nemoへのリンクを削除してください。

これのNemoの部分をKrusaderに変えればいいのか?リンクの外し方が分からないので触らないでおくことにしたが、まあいろいろ調べてる内に思わぬ右クリックで使える便利機能を見つけたぞ。

ファイルやフォルダを管理者権限で開けるメニューの追加。
Nautilus-Pythonで機能を拡張する方法

$ sudo add-apt-repository ppa:nae-team/ppa
$ sudo apt-get update && sudo apt-get install nautilus-open-as-root
$ nautilus -q (または一度ログアウト)

これで右クリックメニューに「Open As Root」が追加されます。

セットメニューならこれか!
Nautilus Actions Extraのインストール
Nautilus Actions Extra can be installed from the NAE team’s PPA. The usual precautions apply.Open up a terminal and execute:

    sudo add-apt-repository ppa:nae-team/ppa
    sudo apt-get update && sudo apt-get install nautilus-actions-extra

File Type Chacker ファイルのタイプを教えてくれる。
AudioConvert     オーディオの形式を変更。
AVConvert     ビデオの形式を変更。
Gedit as       テキストファイルを管理者権限で開く。

ノーチラスが便利になってしまったぞ!
Krusaderはランチャーに表示して、必要に応じて開くことにしよう。
ノーチラス恐るべし。


najas at 14:31│Comments(0)TrackBack(0) Ubuntu | 設定関係

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
VirtualboxのネットワークLibra Office で仕事